アフィリエイトリンクには楽天とアマゾン(Amazon)どっちがいい?売上アップには同時表示できるカエレバ(もしも経由)が断然おすすめ

ブログの中で商品を紹介する時に貼るアフィリエイトリンク。

有名なのは、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトですよね。
どちらもとにかく品揃えが豊富で、ネット上の総合デパートのようです。

私もライフスタイル紹介型のブログアフィリエイトを実践し始めた当初から、両社のアフィリエイトサービスを利用しています。

しかし、ひとつの商品を紹介するのに楽天とAmazonのアフィリエイトリンクを一緒に貼ると、ブログが広告だらけになってしまい見た目もよくありません。

なので、楽天とAmazonのどちらかを選んでリンクを貼っていたわけなんですが、
商品画像や商品説明の内容などを検討して毎回どちらかを選ぶのは、けっこう手間がかかる作業なんですよね^^;

Amazonと楽天の広告を同時にのせられたらいいのに…

と常々思っていました。

しかし、そんな悩みをすっきり解決できるブログパーツがちゃんとあるのです…!

さっそく私のブログで使ってみた結果、商品リンクを貼る際の手間は減り
さらには売上までも大幅アップすることができました。

ブログで楽天やアマゾンの商品リンクをはる方は、使って損のないブログパーツですので、本記事を参考にすぐにでも試してみてくださいね。

楽天とAmazonへのリンクを同時に貼った方がいい理由

私は何か買いたい商品がある時はいったん楽天と、Amazonどちらでも調べてみます。

しかし、楽天カードを持っていて、楽天ポイントを貯めていることもあり、同じ値段か、それ以下であれば楽天で買い物をすることが多いです。

アフィリエイトの利率で見ると、Amazonの方が楽天より高いので、ブログの運営者側としてはAmazonの広告を貼りたくなりますよね。

紹介料の利率

楽天市場:1%~
Amazon:2~8%

しかし、利率がいいからといってAmazonへのリンクしかなかったら、私のような楽天ユーザーは、自分で楽天市場のサイトをひらき商品を検索しなおすこととなります。

つまり、せっかくのアフィリエイトリンクを踏んでもらうチャンスを取りこぼしてしまうということですね。

これはもったいないです。

クッキーの有効期間

楽天はAmazonより利率は低いですが、クッキーの有効期間が長いことがメリットとしてあります。

楽天市場:30日間
Amazon:24時間

つまり、Amazonの場合、あるユーザーがあなたのブログで商品のアフィリエイトリンクを踏んでから、24時間以内にAmazonで商品を購入しないと成果発生となりませんが、楽天は30日間クッキーが生き続けます。

楽天への商品リンクも貼られていることで、たった1%といえども、アフィリエイト報酬が発生するチャンスをしっかりとモノにすることができます。

どちらか一方に偏って買い物をする人が多い

一方、私の夫は楽天があまり好きではないらしく、Amazonばかり利用します。

このように、実はネットショッピングをする人のほとんどが、特定のショッピングサイトにかたよって利用する傾向にあります。

なので、ブログ読者が楽天とAmazonどちらを利用する場合であっても、「リンクがないため買う気が起こらない」なんてことのないように、2種類のリンクを同時に貼っておくことが重要です。

そしてそれは、アフィリエイト報酬をアップさせるだけではなく、ユーザーが心理に沿った行動を自然にとれるという意味で、ブログのユーザビリティー向上にもつながるのです。

商品を紹介するなら『カエレバ』

例えばキッチン用品や食品・家具など、普通の商品を紹介したい時は『カエレバ』を使います。

サイトに用意されたフォームに楽天とAmazonのアフィリエイトIDを登録したら、後は商品を検索し、生成されたコードをブログ内に貼りつけるだけ。

各IDの調べ方など、手順もサイトにとてもわかりやすく解説があるので大丈夫です。

貼りつけてみるとこんな感じ↓

とてもスマートに、楽天とAmazon両方のリンクを貼ることができます。

「~で調べる」などの文言は、他にも「で見る」「で探す」「なし」などいろいろ選ぶことができます。

一度ユーザー登録をしてしまえば、次回からは商品を検索窓に打ち込むだけで、すぐにコードが表示されるのでとても便利です。

商品画像は、楽天よりAmazonの方が商品のみの画像である場合が多く、よりすっきり洗練された感じのリンクになります。

同じ商品でも楽天だとこんな感じ↓

ちょっとごちゃついてしまってますよね^^;

画像のリンク切れを起こしにくいという理由で、『カエレバ』のサイトでもAmazonの画像を使うことをおすすめしています。

↓サイト右上の検索窓に商品キーワードを打ち込む際に、Amazonを選びましょう。

カエレバ商品検索

ちなみに今回は、私が運動不足解消にほしいと思っている商品にしました^^

書籍を紹介するなら『ヨメレバ』

本や雑誌を紹介する場合は書籍紹介専用の『ヨメレバ』を使います。

こちらも、とても簡単に商品リンクを生成することができます。

Amazon、楽天ブックスに加え、Kindleへのリンクも同時に貼れるのがとても便利です。

Kindleは、Amazonの紹介利率が「8%」と高利率なので、はずせないですね!

ちなみに、こちらの本はKindle版も出ている本の例として紹介しました。

ボタン風にカスタマイズすることでさらにクリック率アップ

小さくて押しにくいテキストリンクをボタン風にカスタマイズすると、さらにクリック率も上がります。

カエレバカスタマイズ

↑こちらは画像なのでクリックすることはできませんが、ボタンにするとよりわかりやすくなりますね。

参考サイト:カエレバのAmazonや楽天へのリンクを一括で簡単に「ボタン化」する方法(ヨッセンスより)

他にも、「カエレバ カスタマイズ」などで検索するといろんなサイトでデザインが紹介されてますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天とAmazonは「もしもアフィリエイト」経由がおすすめ

直接契約のデメリットは報酬の受け取り方法

楽天とAmazonアフィリエイトは、直接紹介した商品が売れなくても、クリックされたCookieが残ることで報酬発生する可能性があるということで、主婦の私たちにとって挑戦しやすいアフィリエイトです。

しかし、楽天とAmazonどちらも現金換金へのハードルが高いというネックがあります。

楽天アフィリエイトの場合

楽天アフィリエイトは成果報酬3000ポイント(円)までは楽天スーパーポイントで、それを超えた分は、楽天キャッシュで支払われます。

「キャッシュ」と聞くと、現金?って思いますがそうではありません。

楽天キャッシュというのは、楽天でのお買い物に使ったり、購入して誰かに送ったりすることもできる、オンライン電子マネーです。

楽天銀行に口座をもっていて、なおかつ[楽天キャッシュ プレミアム型]というものに移行すれば、楽天キャッシュを現金化することも可能です。

しかし、現金化するのに手数料がなんと換金額の10%もとられてしまうんです…!

しかも、その手数料にはしっかり消費税までかかります。

例)換金額5000円の場合

5000円-手数料540円=4,460円

アフィリエイトを始めているあなたなら、この手数料の金額をさらりと流す気にはなれないはずです。

紹介率1%の商品の売上を、頑張って積み重ねた540円は、とっても重いです…!(>_<)

Amazonアソシエイトの場合

一方Amazonは報酬の受け取りを、Amazonギフト券(500円以上)と現金、両方選べます。

現金受取りの最低ラインは5000円以上。

そしてこちらも、現金で受け取るには振り込み手数料300円がかかります。

アフィリエイト報酬は現金で受け取りたい

楽天とAmazonでアフィリエイトを始めてから、最初のボーダーライン(楽天なら3000円・Amazonなら5000円)までは、はっきり言ってポンポンとすんなり到達できるものではありません。

私は「カエレバ」を使うまで、ずーっと楽天とAmazon両方とも、直接契約のアフィリエイトリンクを貼っていました。

そして、報酬の受取りはいつも楽天スーパーポイントと、Amazonギフト券でした。

もちろん、どちらも楽天とAmazonで商品を買うのに使うことができるので、収入であることはまちがいありません。

しかし、本来お金というものは、融通がきくものです

私の場合でいえば、娘の幼稚園代にしたいというのがアフィリエイトをしている目的です。

しかし、楽天スーパーポイントやギフト券で、幼稚園の月謝は払えません。

現金であれば、こういった子供の教育費であったり、光熱費や、家族の突然の病院代、マイホーム購入のための貯金にだってあてられます。

ポイントやギフト券などは、どうしても楽天とAmazonで使いきらなければという気持ちが働くので、いつもより財布(ポイント)の紐がゆるみやすくなってしまうということもあります^^;

やはり、自分がコツコツと作業して発生した報酬は、ちゃんと融通のきく現金で得たいと思いませんか?

「もしもアフィリエイト」を経由するメリット

そこで、おすすめしたいのが「もしもアフィリエイト」です。

聞き慣れないASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)かもしれませんが、アフィリエイト初心者にとって嬉しいサービスが多いASPです。

1000円からの入金で振込手数料は無料

成果金額が1000円以上から、振り込んでくれます。
住信SBIネット銀行なら、1円から振り込みが可能です。

成果が発生するだけでも嬉しいですが、ずっと振り込み到達額に届かないとなるとモチベーションも保ちづらくなります。

少額でもコンスタントに収入となることで、やる気も出ます!

そして、振り込み手数料も無料です。
ここを負担してもらえるのは大きいですよね。

W報酬制度

ダブル報酬制度というのは、通常報酬がある人全員に、もしもから10%のボーナス報酬が上乗せしてもらえるという仕組みです。

例えば10000円の成果報酬で、振り込まれる額は11000円となります。

つまり、もしも経由で商品リンクを貼るだけで、10%増しの収入が今すぐ手に入るのです。

「もしもアフィリエイト」を経由する際の注意点

楽天とAmazonをもしも経由でアフィリエイトする際の、注意点が2つあります。

AmazonはW報酬制度が適用されない

もしも経由でAmazonのアフィリエイトリンクを貼っても、紹介利率はほぼ同じです。(ギフト券のみなし)

しかし2014年9月にAmazonの紹介利率が改悪された際に、もしもアフィリエイトでもAmazonはダブル報酬制度の適応外となりました。

これは残念なことですが、アフィリエイト報酬を現金化しやすいという点で、もしもアフィリエイトを経由するメリットは十分にあります。

楽天は成果報酬が一律1%

楽天アフィリエイトの紹介利率は原則1%で、それはもしもアフィリエイトでも同じとなります。

しかし、すでに楽天アフィリエイトをされている方ならご存知かと思いますが、ショップによっては利率が高かったりしますよね。

紹介したことがないのでわかりませんが、利率99%なんてのもあります。

「楽天から直接リンクを貼ったら、99%もらえるところが1%になっちゃうなんて損じゃないの?!」

と思われるかもしれません。

でも、私も利率に目がくらんでそういう商品を紹介するぞ!と意気込んだことがありましたが、そういったショップはほとんど口コミがないとか、なんだか胡散臭い感じがするんですよね。

自分が試してみてめちゃくちゃおいしかった!とか、着心地がよかった!とかだったらいいですけど、口コミがあってもけっこう悪いことが多いです。

だからこそ、そのようなお店側は、利率を高くしてでもアフィリエイターに紹介してほしいんですよね。

でも、自分が心からおすすめできない商品を、紹介利率目当てにアフィリエイトしてもうまくはいきません。

仮にうまく紹介できて一時売上が上がったとしても、長くブログを運営していく上で、せっかくの自分のブログの質を落としてしまうことにもつながります。

それに、楽天で人気のある有名ショップはほぼ利率1%です。

そして、私も成果レポートで毎月売上詳細を確認をしてるのですが、売れているショップはほぼ利率1%です。

なので、もしもアフィリエイトで紹介利率が一律1%になっても、大きな損失はないと思われます。

しかし、自分が購入した商品で本当におすすめしたいものの紹介利率が高かった場合、そういったものに限り今まで通り楽天市場経由でアフィリエイトリンクを貼ってもいいですね。

まとめ

主婦ブログを運営するのに、楽天とAmazonのアフィリエイトは一番身近なものになると思います。

商品単価や利率だけを見れば、大きな金額をすぐに稼げるというものではありませんが、どんな小さな売上も逃さず大事にしていくことがブログアフィリエイト、特に主婦ブログでは重要となります。

楽天とAmazonの商品リンクの同時表示ができる「カエレバ」、そして、その売り上げ報酬を現金化しやすい「もしもアフィリエイト」をぜひ実践してみてください。

主婦ブログの収益化の仕組みについては、こちらでくわしく解説しています→主婦ブログで収入を得る仕組み【アクセスを集める記事の内容、楽天・アマゾン(amazon)の商品リンクの貼り方)

サブコンテンツ

このページの先頭へ